Officeが使い放題!?Office 365 Soloの購入からダウンロード~インストールまで


2014年10月17日、マイクロソフトから個人向けのOffice 365が発売されました。これまでパッケージソフトとして販売されていたOfficeでしたが、この度サブスクリプションとして「Office 365 Solo」というサービスが開始しました。

学校や仕事でワードやエクセルなどを使用することも多々あると思いますが、単体で購入すると価格が高い&新しいバージョンが出たらまた買い直さなくてはいけないといったことで手が出なかった方も多いと思います。

しかし、今回発売された「Office 365 Solo」を利用すればすべてのOfficeを使える上に、契約期間中は最新のソフトを追加料金なしで使用することができます。

それでは実際に購入し、ダウンロード~インストールするまでをご紹介したいと思います。

■Office 365 とは

今までだとOfficeを手に入れるためには

  • Officeがプレインストールされたパソコンを購入する
  • Officeが収録されたパッケージを購入する

といった方法がありましたが、Office 365(オフィス365)からは「毎年○○円」といった年額(月額)制での利用が可能になりました。

またOffice 365を契約中は

  • 容量1TBのオンラインストレージ「OneDrive」
  • マルチデバイス対応(iPhone/Android用「Office Mobile」が利用可能、iPad用は年内提供予定)
  • 「Skype」の毎月60分無料通話(日本における対象は固定電話のみ)
  • 無償サポート「アンサーデスク」

といったサービスが提供されます。

■Officeのラインナップ

個人向けのOfficeには2つの製品があります

Office Premium

1つはOffice Premium(オフィス プレミアム)と呼ばれるものです。これは、PCまたはSurface Pro 3へのプリインストール版として提供されているものになります。

Office Premiumには”Office Personal Premium”、”Office Home & Business Premium”、”Office Professional Premium”という3つのエディションが用意されています。

  • Office Personal Premium:Word/Excel/Outlookが利用可能
  • Office Home & Business Premium:上記に加えPowerPoint/OneNoteが利用可能
  • Office Professional Premium:上記に加えPublisher/Accessが利用可能

下記の新しいSurface Pro 3には「Office Home & Business Premium」が搭載しています。

製品 参考価格(税抜)
マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i3/64GB) 単体モデル [Windowsタブレット] 4YM-00015 (シルバー) 91,800円
マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i5/128GB) 単体モデル [Windowsタブレット] MQ2-00017 (シルバー) 111,800円
マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i5/256GB) 単体モデル [Windowsタブレット] PS2-00016 (シルバー) 139,800円
マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i7/256GB) 単体モデル [Windowsタブレット] 5D2-00016 (シルバー) 164,800円
マイクロソフト Surface Pro 3 [サーフェス プロ](Core i7/512GB) 単体モデル [Windowsタブレット] PU2-00016 (シルバー) 202,800円

Office PremiumがプリインストールされたPCを使い続ける限り、いつでも最新バージョンのOfficeに無償アップデート可能です。またOffice 365のサービスが1年間利用できる権利が付いています。

office premium 比較
microsoft

※●:永続ライセンス、〇:1年ライセンス

2年目以降も引き続きOffice 365のサービスを利用したい場合は、「Office 365サービス Office Premium搭載パソコン専用」を購入すれば1年間延長することができます。

ただしOffice PremiumがプリインストールされたPCを買い換えたり破棄した場合、ライセンスが消滅してしまいますのでご注意ください。

office premium 仕組み
microsoft

Offoce 365 Solo

もう1つは新しいOffoce 365 Solo(オフィス 365 ソロ)と呼ばれるものです。

こちらは期間 (年間または月間) で使用ライセンスを購入するサブスクリプション方式です。1年間11,800円(税別)で、最大2台のPCまたはMacにOfficeをインストールすることができます。

サブスクリプションとは
主にソフトウェアのライセンス契約の方式で、売買ではなく特定期間内の使用権を販売する方式のことである。

サブスクリプション契約においては、1年、または複数年の単位で使用契約が交わされることが多い。契約期間内は、ソフトウェアのアップデートなどは追加料金を支払うことなく受けることができる。契約期間を過ぎると使用権がなくなるため、再度契約を結ぶ必要がある。
IT用語辞典バイナリ

契約期間中は無償で最新版のOfficeにアップグレードが可能です。もちろんOneDrive(1TB)やマルチデバイス対応といったOffice 365のサービスも含まれています。

office 365 solo 仕組み

※Office 365 Soloの契約が切れた場合

  • Office: 機能制限モードとなります。
  • OneDrive: Office 365 の特典容量を除いた容量以上使っている場合は、その容量に減るまではファイルの追加ができません。それ以下であれば通常通りの使用が可能です。閲覧、ダウンロードは可能です。
  • タブレット: 閲覧モードとなります
  • Skype: 次月以降、毎月 60 分の世界通話特典が付与されなくなります

■Office 365 Soloのシステム要件

Offoce 365 Soloがインストールできる環境は下記になります。購入する前に必要なシステム要件を満たしているか確認しておきましょう。

コンポーネント 要件
コンピューターおよびプロセッサ PC: SSE2 対応の 1 GHz プロセッサ。
Mac: Intel プロセッサ。
メモリ PC: 1 GB の RAM (32 ビット)、2 GB の RAM (64 ビット)。
Mac: 1 GB の RAM。
ハード ディスク PC: 3.0 GB のディスク空き容量。
Mac: 2.5 GB HFS + ハードディスク フォーマット。
ディスプレイ PC: 1024 x 576 以上の画面解像度 (1366 x 768 推奨)。
Mac: 1280 x 800 の画面解像度。
グラフィック グラフィック ハードウェア アクセラレータには Directx10 グラフィック カードが必要です。
オペレーティング システム PC: Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2008 R、Windows Server 2012。
Mac: Mac OS X 10.6 以降。
ブラウザー Office 2013 と Office 365 がサポートするもの (Office のアプリとワールド ビデオ プレイバックも含む)。
その他 インターネット接続が必要です。
マルチタッチ機能 (タッチ機能付きのデバイスのみ)。すべての機能はキーボード、マウス、その他の基本的なアクセサリーで使用が可能です。新しいタッチ機能は、Windows 8 以上でお使いいただけます。
Microsoft アカウントおよび Skype アカウントが必要です。
一部の機能には追加ハードウェアが必要な場合があります。

■購入方法

オンラインストアのMicrosoft Storeの他に、Amazon.co.jp、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機といった家電量販店で販売されています。

Microsoft Store Japan オンライン ストアで購入

マイクロソフトストアでは1年間ライセンスの他に、1か月間ライセンスを購入することができます。年間更新だと今なら、2か月分無料です。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

Amazonで購入

Amazon.co.jpで1年間ライセンスを購入することができます。

(1)商品の購入

まず商品ページの「購入してダウンロード」ボタンをクリックします。

amazon01

表示された内容と金額を確認し、「注文を完了する」ボタンをクリックします。

amazon02

(2)購入完了画面からOffice.comへ

購入完了画面から、「Office.com」をクリックします。

amazon03

(3)Microsoftアカウントでサインインする

画面上の「開始」ボタンをクリックします。

amazon04

Microsoft アカウントでサインインします。お持ちでない方は Microsoft アカウントを新規作成してください。

amazon05

(4)日本語を指定

言語が空白になっているので「日本語」を選択し「続行」をクリックします。

amazon07

ダウンロード~インストールの続きは下記の「■Office for Windowsのダウンロード」でご紹介します。

家電量販店で購入

通販よりは店舗に行って見てきたいという方は家電量販店でOfficeを購入することができます。
家電量販店では下記のプロダクト キー カードを購入し、オンライン上でプロダクトキーを入力することになります。

office 365 solo package

(1)プロダクト キー入力ページにアクセス

プロダクト キー入力ページにアクセスし、プロダクト キー カードに記載の 25 文字のプロダクト キーを入力して「開始」ボタンをクリックします。

office for windows13

Microsoft アカウントのサインイン画面に遷移します。以降はAmazonの時と同じになります。

評価版で試す

まずはOffice 365 Soloを試してみたいという方には、評価版が用意されています。

評価版はこちら

※登録の際には、クレジットカードやPayPal、Microsoftアカウントが必要となります。

■Office for Windowsのインストール

1.インストーラのダウンロード

アカウントページ 上の「インストール」ボタンをクリックするとインストーラがダウンロードされます。

amazon08

インストーラがダウンロードされたら、メッセージが表示されるので「実行」をクリックして、インストールを実行します。

「準備しています…」いう画面が表示されるので、しばらくお待ちください…。

office for windows01

インストールの準備が完了すると、「新しいOfficeへようこそ。」というメッセージが表示されます。「次へ」をクリックします。

office for windows02

2.使用許諾契約書の確認

使用許諾契約書と品質向上のための情報の注意事項をよく読み、任意の項目をクリックし「同意する」をクリックします。

office for windows03

その後、製品紹介動画が流れます。

office for windows04

動画が終了すると「サインインしてOfficeを最大限に活用しましょう。」という画面が表示されますのでMicrosoftアカウントでOfficeにサインインする場合は、「サインイン」をクリックします。
サインインしない場合は、「いいえ、後にします。」をクリックします。

office for windows05

「サインイン」をクリックした場合、「サインイン」画面が表示されます。
Microsoftアカウントのメールアドレスを入力し、「サインイン」をクリックします。

office for windows06

Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

office for windows07

「OneDrive についての説明をご覧ください。」という画面が表示されます。内容を確認し、「次へ」をクリックします。

office for windows08

3.背景の選択

下記の画面でOfficeの背景を設定することができます。任意の背景を選択して「次へ」をクリックします。この設定は後から変更できます。

office for windows09

「新機能に関する説明をご覧ください。」という画面が表示されます。「開始する」クリックすると、PowerPointが起動し、案内が開始されます。不要であれば「いいえ」を選択してください。

office for windows10

4.インストール完了

Officeのインストールが完了しました。

office for windows11

Windows 8.1の場合、すべてのアプリ一覧にインストールしたOfficeが表示されています。

office for windows12

■Office for Macのインストール

1.インストーラのダウンロード

アカウントページ上の「インストール」ボタンをクリックするとインストーラがダウンロードされます。

office for mac01

2.インストールの開始

インストーラがダウンロードされたら、ダブルクリックします。インストールが開始されます。

office for mac02

「続ける」 をクリックします。

office for mac03

3.使用許諾契約書の確認

使用許諾契約書をよく読み、「続ける」をクリックします。

office for mac04

内容を確認し、「同意する」をクリックします。

office for mac05

必要な空き容量が確保されていることを確認し、「インストール」をクリックします。

office for mac06

次の画面が表示されたらインストール中です。しばらく待ちます。

office for mac07

4.インストール完了

インストールが完了しました。

office for mac08

5.Office 365 サブスクリプションを選択

「既存の Office 365 サブスクリプションにサインインします」をクリックします。

office for mac09

6.Microsoft アカウント入力

Microsoft アカウントまたは電子メール アドレスを入力します。

office for mac10

7.サインイン

Microsoft アカウントのパスワードをを入力して「サインイン」をクリックします。

office for mac11

8.個人用設定情報の入力

Office for Mac を個人用に設定するための情報を入力します(”姓”は必須項目)。

office for mac12

品質向上に関して任意の項目をクリックし「続ける」をクリックします。

office for mac13

インストール手順は以上です。Officeを利用することができます。

office for mac14

デスクトップにインストールされたOffice for Macが表示されています。

office for mac15

■Office Mobileの利用方法

Office Premium、Office 365 Solo では、iPhone/Android用アプリ「Office Mobile」を利用することができます。

どこからでもMicrosoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint のドキュメントにアクセスして、表示や編集をすることができます。

1.アプリのダウンロード

「Office Mobile」をインストールしたいスマートフォンから対象のアプリストアにアクセスし、「Office Mobile」をダウンロードします。

Microsoft Office Mobile
無料

2.アプリの起動

アプリケーション起動後に表示される画面で、「使用開始」をタップします。

Office Mobile01

3.サインイン

Microsoft アカウントを入力し、「次へ」をタップします。

Office Mobile02

Microsoft アカウントのパスワードをを入力して「サインイン」をタップします。

Office Mobile03

「Office を続ける」をタップします。

Office Mobile04

4.ドキュメントの閲覧・作成、編集

Word、Excelのファイルを新規作成したり、OneDrive に保存しているファイルを読み込んで閲覧、編集することが可能です。

Office Mobile05

iPhoneでExcelファイルを表示した様子です。スマートフォンなので表示範囲は狭いですが外出先で編集した時などに重宝しそうです。

Office Mobile06

Posted by 2014年10月23日

このページをフォローする

おすすめの本はこちら

これからはじめる エクセル超入門の本 (自分で選べるパソコン到達点)
たくさがわ つねあき-技術評論社
¥ 1,598
全160ページ
今すぐ使えるかんたん Excel 2016
技術評論社編集部-技術評論社
¥ 1,296
全320ページ