Excel Hack

Excelの足し算をするときの範囲指定方法

四則演算の一つ「足し算」は、Excel初心者が身につけておくべき基本的な知識です。

この記事では、Excelの足し算をするときの範囲指定方法をご紹介します。

セルを1つずつ選択しなくても、ドラッグで簡単に範囲を指定することができます。

Excelの足し算をするときの範囲指定方法

数値の合計値を求める関数として「SUM関数」があります。

使い方としては「=SUM(数値 1, [数値 2], …)」のような形式を入力します。

SUM関数の引数には、数値の他にセル参照、セル範囲(複数のセルのまとまり)を指定できます。

以下では、SUM関数を使って、対象のセルの範囲を指定する方法を紹介します。

連続しているセルを範囲指定する

ここでは、連続するセルを範囲指定する方法について説明します。セルを1つずつ選択しなくても、ドラッグで簡単に範囲を指定することができます。

作業時間:1分

セルを選択する
セルを選択する

足し算の合計を算出したいセル(例: C6)を選択します。

数式バーにSUM関数を入力する
数式バーにSUM関数を入力する

数式バーに「=SUM(」を入力します。

ドラッグして範囲を選択する
ドラッグして範囲を選択する

対象のセル(例: C3~C5)をドラッグして選択し、数式バーに「)」を入力します。

連続したセルの足し算が完了
連続したセルの足し算が完了

Ctrl + Enterを押すと、C3~C5セルの利用金額の合計(例: 183,000)が算出されます。

飛び飛びでセルを選択する

飛び飛びセルを選択する場合

上の画像のように、連続するセルではなく、飛び飛びに離れたセルを範囲指定して合計を求めたい場合があります。

以下の記事では、飛び飛びに離れたセルの値を足し算する方法について詳しく説明しています。

複数のセル範囲を選択する場合

また、上の画像のように、複数のセル範囲(複数のセルのまとまり)を足し算する方法についても、「複数セルを足し算する場合」セクションで解説しています。

エクセルで飛び飛びに足し算をする方法

オートSUMを使って自動でセルを選択する

オートSUMを使用すると、自動的にセルが範囲指定されます。

オートSUMとは、SUM関数の数式が自動的に入力され、セルの範囲も自動的に選択される便利な機能です。

以下の記事で、オートSUMを使った足し算を自動計算する方法について解説しています。

また、ショートカットキーによるオートSUM機能の使い方も解説していますので、気になる方はご覧ください。

エクセルで足し算を自動計算する方法

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments