Excelのセルやテキストボックス内の行間を調整する方法

はじめに

文章の可読性を改善するためには、文字の大きさ・字間・行間を考慮しなければなりません。

エクセルは表計算ソフトなのでこれらを考慮する必要性はWordと比較して低いですが、表内に文章を挿入する場合は、より見やすいものを作るために各種設定は必要となります。

ここでは「セル内の行間」を調整する方法と「テキストボックス内の行間」を調整する方法をお伝えします。

セルの行間を調整する方法

エクセルではセル内の行間を調整する機能は提供していませんが、縦位置の配置を変更することによって行間の調整を行うことができます。

文章の配置

長文のテキストを配置します。

折り返して全体を表示

行の高さを設定し、【折り返して全体を表示する】を押します。すると1つのセル内に、文章が収まります。

行の高さを広げる

もう少し行の高さを広げてみましょう。すると文章の上下に余白が現れました(上下中央揃えの場合)。

セルの書式設定を選択

「右クリック」し、コンテキストメニューの中から、【セルの書式設定】を選択します。

両端揃えを選択

【配置】タブを選択し、「縦位置」からプルダウンメニューで【両端揃え】を選択し、【OK】ボタンを押します。

両端揃えの結果

セルの上下の高さに対する「両端揃え」となり行間がそれぞれ等分され、行間が元より開きました。

行の高さ変更

行の高さをドラッグで変更することにより、行間を調整することが可能になりました。

テキストボックスの行間を調整する方法

テキストボックス内の文章は行間を揃える機能が備わっております。

テキストボックスの挿入

【挿入】タブを選択し、【テキストボックス】を押します。

テキストボックスの挿入結果

ドラッグして、テキストボックスの範囲を確定します。

段落の選択

テキストボックス内に文章をコピーして「右クリック」し、コンテキストメニューから【段落】を選択します。

行間の設定

「間隔」にある「行間」からプルダウンメニューで【倍数】を選択し、間隔を設定します。手打ちも可能なので細かい数字を指定できます。

完了したら【OK】ボタンを押します。

行間の設定完了

行間を1.2で設定することができました。元々の値が「1」なので、1.2倍の間隔が空けられました。

「1」未満に設定すると、行間を詰めることができます。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

このページを見ている方におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

藤井 直弥-SBクリエイティブ

全352ページ

¥ 1,706

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

学研マーケティング

全94ページ

¥ 540

このページをフォローする

関連記事