Excelのセル内で文章を改行させる方法

はじめに

Excelは表計算ソフトですが、セルに文字を打ち込むことも多いと思います。長い文書になると改行させた方が見やすくなりますが、改行させるために通常のEnterキーを押すとセルの値が確定された状態となり、一つ下のセルに移動してしまいます。

それではセル内で改行させ、文章を折り返しするにはどうしたらよいのでしょうか?ここでは、セルの中で改行させる方法をお伝えします。

Enterを使ってみる

Enterキーを使ってもセル内で改行することができませんが、念のためどのような現象になるのか確認します。

セルに文章を入力

セルに文章を入力

セルにちょっと長めの文章を入力しました。

改行させたいところを選択

「Excelのセル内で改行する方法。」の後に改行を入れたいので、カーソルを合わせます。

Enterキーを押下する

Enterで試す

Enterキーを押しましたが、下のセルがアクティブ状態となってしまいました。

セル内で改行させる

それではセル内で改行させる方法をお伝えいたします。

カーソルを合わせる

改行させたいところを選択

改行させたい位置にカーソルを合わせます。

数式バーの展開

数式バーの展開

通常では数式バーは一行しか表示されませんので、セルの中で改行させたいときは展開しておくと便利です。

数式バーの展開結果

数式バーが展開されました。

Altキーを利用して改行

セル内で改行

セル内で改行させるにはAltキーを押しながらEnterキーを押します。

改行結果

セルの幅調整は行っておりませんが改行されました。

セル幅と高さの調整

セルの幅と高さを調整して完了です。

CHAR関数で文字列結合時に改行させる

A1のセルとB1のセルの文字列を結合させるときに、関数を使って改行させる方法を紹介します。

文字列演算子の「&」のみで結合

文字列の連結

まずは「&」を使って、A1とB1の文字を連結してC1に出力します。「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

&で文字列の連結

A1とB1の文字列を「&」で連結します。

&で文字列の連結結果

C1に文字列が連結されましたが、改行はされません。

CHAR関数を使って文字列結合時に改行

CHAR関数で改行

CHAR関数を使うことで、文字列結合時に改行させる方法をお伝えします。必ず「折り返して全体を表示する」がアクティブになっているか確認してください。

CHAR関数の入力

「&」の間にCHAR(10)を付け加えます。(10)という値は、LF改行(セル内改行)するという意味です。

CHAR関数の改行結果

A1とB1の間でLF改行を行ったので、セル内で改行できました。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

このページを見ている方におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

藤井 直弥-SBクリエイティブ

全352ページ

¥ 1,706

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

Microsoft Excel 2016 (最新)|オンラインコード版|Windows版

マイクロソフト

¥ 14,526

このページをフォローする

関連記事