Excelでチェックボックス(四角にレ点)を作成する方法

はじめに

アンケート集計を行うとき、紙に印刷してチェックボックスを記入させると、あとで集計が大変になります。

しかし、Excel上でチェックボックスを作成し、アンケートをデータで送付し回収することができれば、チェックした数の集計を容易に行うことができます。

Excelでチェックボックスを作成するには、ちょっとした工夫が必要です。ここでは基本的なチェックボックスの作り方から、チェックボックスを集計させる応用編まで幅広くご紹介します。

チェックボックスとは?

チェックボックス

チェックボックスとは、アンケート用紙や忘れ物チェックやTo Doリストに利用される、リストの横に記載された小さな正方形のことを言います。この正方形にレ点の印(チェックマーク)を入れて、アンケートの回答や忘れ物のチェックをすることができます。

エクセルでもチェックボックスを作成することができ、自動的にチェック数を出力したり、異なったチェックボックスを連動させることが可能です。

チェックボックスの作り方

初期設定状態

チェックボックスを作成するには、まず開発タブから入る必要があります。Excelの初期設定では開発タブはありませんので、これを表示させる必要があります。

【ファイル】の選択

まず、【ファイル】タブを押します。

【オプション】の選択

次に、【オプション】を選択します。

【リボンのユーザー設定】の選択

すると、「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されます。左のナビゲーションから【リボンのユーザー設定】を選択し、「開発」の左隣のチェックボックスにチェックマークを入れ、【OK】ボタンを押します。

【開発】タブの表示

開発タブが表示されました。ここで【開発】タブを押します。

【挿入】の選択

【挿入】を選択します。その後、フォームコントロールのレ点のマークを選択します。

四角形の表示

すると、シート上に十字のカーソルが表示されるので、ボックスを表示させたい位置にあわせます。ここでボタンを押しながら右下にドラックすると四角形があらわれます。

チェックボックスの表示

ボタンを指から離すと、チェックボックスと「チェック1」が表示されます。

チェックボックスの文字を削除したり編集する方法

上記で基礎的なチェックボックスの作り方をご紹介しました。これからは応用編としてチェックボックスのコピー、サイズ変更、集計、消す方法などをご紹介していきます。

チェックボックスの表示

チェックボックスを挿入すると「チェック1」のような文字が自動で入力されてしまいます。

テキストの編集

この文字を削除するには、チェックボックスを右クリックして、右クリックメニューから【テキストの編集】を選択します。

チェックボックスの大きさの変更

不要な「チェック1」の文字を削除したい場合は、【チェック1】を選択してDeleteを押してください。文字を削除したら画面のどこかをクリックすると文字の削除が確定します。

チェックボックスの文字の変更

好きな文字を入力したい場合は、【チェック1】を選択してお好きな文字列を入力します。上部の例では「チェック1」の代わりに『公共料金お支払い』を入力しました。文字を編集したら画面のどこかをクリックすると文字の編集が確定します。

チェックボックスのサイズを変更する方法

チェックボックスのサイズを変更する方法をご紹介します。

チェックボックスの選択

まずは作成したチェックボックスを右クリックしてチェックボックスを選択状態にします。

チェックボックスの大きさ変更

選択されている枠を広げたり、縮めたりすることでチェックボックスを任意の大きさに変更することができます。

マウスで任意の大きさに変更することはできますがチェックボックスをセルの大きさに合わせたいときはどうすればいいでしょうか?そんなときは図形の配置から簡単に調整することができます。

配置メニューを選択

セルの大きさにサイズを変更したいチェックボックスを右クリックして編集状態にします。次に【書式】タブを選択し、【配置】メニューの中から【枠線に合わせる】を選択します。

枠に合わせてチェックボックスの大きさ変更

【枠線に合わせる】を選択後にチェックボックスの選択枠をドラッグすると、セルにピッタリと合うようになります。

チェックボックスをコピーする方法

1つチェックボックスを作成した後にそのチェックボックスをコピーする方法を説明していきます。

チェックボックスの選択

上図のような海外旅行の持ち物リストを作成するとき、B2セルにチェックボックスを1つ作成します。B3セルからB9セルにもチェックボックスをコピーしたい場合、まずB2セルを選択します。

ドラッグして複数反映

次に、選択されているB2セルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へドラッグします。

チェックボックスのコピー

B3セルからB9セルにもチェックボックスがコピーされました。

チェックボックスを消す方法

作成したチェックボックスを削除する方法をご紹介します。

複数のチェックボックスを選択

まずは削除したいチェックボックスを選択します。Ctrlを押しながらだと複数のチェックボックスを選択することができます。

チェックボックスの削除

削除したいチェックボックスを選択したらDeleteを押します。選択したチェックボックスだけが削除されました。

チェックボックスを集計する方法

チェックしたチェックボックスを集計する方法を説明していきます。

コントロールの書式設定

まずチェックボックスをチェックしているかどうかがわかるように設定していきます。設定したいチェックボックスを右クリックして、【コントロールの書式設定】を選択します。

コントロールタブを選択

コントロールの書式設定ダイアログボックスが表示されたら、【コントロール】タブを選択します。次に値を【オン】にし、【リンクするセル】の右端のボタンを押します。

C2セルを選択

C2セルを選択します。コントロールの書式設定に【$C$2】が入力されます。

コントロールの書式設定ダイアログ

コントロールの書式設定ダイアログボックスの右端のボタン(上図の赤枠)を押します。

【OK】を押す

【OK】を押します。

C2セルに「TRUE」という文字列が表示

C2セルに「TRUE」という文字列が表示されました。これはB2セルのチェックボックスがチェックされているためです。

B2セルのチェックを外すとC2セルに「FALSE」と表示

B2セルのチェックを外すとC2セルに「FALSE」と表示されます。

他のセルにもリンクの設定

他のセルにもリンクの設定をしていきます。チェックボックスをコピーしてからそれぞれのリンク設定を変更していきます。ここまででチェックボックスがチェックされているかどうかを確認することができました。次からはチェックされた項目に応じて個数を集計する手順を説明していきます。

COUNTIF関数の入力

上記のような買い物リストと金額が書かれている場合、関数を使用するとチェックされた個数と合計金額を出すことができます。食材数を出すためにC12セルを選択し、『=COUNTIF($D$2:$D$10,TRUE)』と入力します。COUNTIF関数は選択範囲で条件に合ったセルの個数を返す関数です。

チェックされている食材数

チェックされている数の「5」が食材数として表示されました。

チェックされている食材数

すべてのチェックボックスをチェックするとC12セルが「8」になりました。チェックされている数と合っています。

チェックした食材の合計金額

次にチェックした食材の合計金額を計算していきます。C13セルを選択して『=SUMIF($D$2:$D$10,TRUE,$B$2:$B$10)』と入力します。SUMIF関数は選択範囲で条件に合ったセルの合計を計算する関数です。

チェックした食材の合計金額

C13セルにチェックした食材の合計金額が表示されました。

チェックした食材の合計金額

すべてのチェックボックスをチェックするとC13セルの合計金額が変更されることを確認できます。

複数のチェックボックスを連動させる方法

特定のチェックボックスにチェックを入れると、他のチェックボックスに自動的にチェックが入る方法をご紹介します。複数の項目を一括でチェックしたい場合などに便利です。

すべてを選択できるチェックボックスを設定

図のような持ち物リストがある場合、すべてを選択できるチェックボックスを設定していきます。

各チェックボックスには、上記でご紹介した「チェックボックスを集計する方法」のように右隣にリンクするセルを指定しておきます。

マクロの登録

B11セルに配置しているチェックボックスを右クリックし、表示されたコンテキストメニューから【マクロの登録】を選択します。

マクロの新規作成

「マクロの登録」ダイアログボックスが表示されるのでマクロ名として任意のものを入力します。今回は『All_Check』と入力しています。分かりやすい名前にしておきましょう。

マクロの名前を入力したら【新規作成】ボタンを押します。

Visual Basic Editorの起動

新しいウィンドウとしてVBE(Visual Basic Editor)が起動します。

VBAプログラムを記述

コードウィンドウに入力されている「Sub All_Check()」と「End Sub」の間に図のようにコードを入力します。

Sub All_Check()
    If Cells(11, 3) = True Then
        Cells(2, 3) = True
        Cells(3, 3) = True
        Cells(4, 3) = True
        Cells(5, 3) = True
        Cells(6, 3) = True
        Cells(7, 3) = True
        Cells(8, 3) = True
        Cells(9, 3) = True
    ElseIf Cells(11, 3) = False Then
        Cells(2, 3) = False
        Cells(3, 3) = False
        Cells(4, 3) = False
        Cells(5, 3) = False
        Cells(6, 3) = False
        Cells(7, 3) = False
        Cells(8, 3) = False
        Cells(9, 3) = False
    End If
End Sub

「Cells(11, 3)」というのは、C11セルを意味します。VBAでは1つのセルを指定する際、「Cells(行番号, 列番号)」という形式で記述します。

処理の流れとしてはC11セルが「True」の時は他のチェックボックスにリンクするセルを「True」に、反対にC11セルが「False」の時は他のチェックボックスにリンクするセルも「False」にします。

「If A Then X ElseIf B Then Y End If」という形式は、”もしAの場合はXを実行する、Bの場合はYを実行する”という意味になります。

VBAプログラムを保存する

コードを入力したらCtrl+Sを押してブックを保存します。

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されるので「ファイルの種類」から【Excel マクロ有効ブック】を選択して保存します。

複数のチェックボックスを一括でチェックする

持ち物リストが表示されているシートに戻ります。「すべて選択」右のチェックボックスを押すと、B2からB9までのセルのチェックボックスも一緒にチェックされた状態になりました。

個別でのチェックも可能

もう一度「すべて選択」右のチェックボックスを押すと、すべてのチェックボックスからチェックが外れます。個別にそれぞれチェックすることも可能です。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

このページを見ている方におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

藤井 直弥-SBクリエイティブ

全352ページ

¥ 1,706

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

学研マーケティング

全94ページ

¥ 540

このページをフォローする

関連記事