ExcelファイルをPDF形式に変換する2つの方法

はじめに

PDFを開けるAdobe ReaderがあればパソコンにExcelがインストールされていなくても、ExcelをPDFに変換したファイルを閲覧することができます。

また、PDFはブラウザ上でも閲覧ができるので、Excelで作成した表をインターネット上に公開したい場合は、PDF形式に変換してアップロードすることで誰でも閲覧可能となります。したがって仕事上でも、「PDFに変換してファイルを送信してください」と言ったような要望が頻繁にあります。

ここでは、Excelで作成したファイルをPDF形式に変換する2つの方法をExcel 2016を用いてお伝えいたします。

なお、PDFからExcelへ変換する方法は以下の記事で説明しております。

名前を付けて保存からPDF形式に変換

ファイルを準備し、名前を付けて保存する

ファイルを準備する

こちらの方法が一般的に使われております。まずは、PDFに変換したいファイルを用意しましょう。

ファイルを選択

左上の【ファイル】タブを選択します。

名前を付けて保存を選択

【名前を付けて保存】を選択します。その後、保存したいフォルダを選択してください。

プルダウン確認

ファイル名を決定し、その下にプルダウンメニューで「Excelブック」となっているのが確認できると思います。

PDFを選択

プルダウンメニューから【PDF】を選択します。

保存

ファイルの種類が「PDF」になったことを確認したら、【保存】ボタンを押します。

PDF変換する範囲を指定する

オプションを選択

「保存」する前にPDFに変換する範囲などを指定したい場合は【オプション】を押します。

オプションダイアログボックス

オプションダイアログボックスを開いて、PDFに変換する範囲を設定しましょう。

プレビューで確認する

PDFファイル

PDF形式で保存されました。

PDFプレビュー確認

開いてみましょう。PDFプレビューソフトで閲覧できたら成功です。

エクスポートからPDF形式に変換

ファイルを準備し、エクスポートから保存する

ファイルを選択

左上の【ファイル】タブを選択します。

エクスポートを選択

【エクスポート】を選択します。

PDF/XSPの作成をクリック

【PDF/XSPの作成】を押します。

発行する

ファイルの種類が「PDF」になったことを確認したら、【発行】ボタンを押します。

プレビューで確認する

PDFファイル

PDF形式で保存されました。

PDFプレビュー確認

開いてみましょう。PDFプレビューソフトで閲覧できたら成功です。

Excelを持っていない場合の対処法

以上の方法はExcelの機能を使ったご紹介でしたが、もしソフトを持っていない場合は以下のサービスがとても簡単で便利です。ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、自動的に変換されダウンロードができます。

Smallpdf

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

このページをフォローする

関連記事