投稿者:公開日:  最終更新日:

Excelの行や列(ウィンドウ枠)を固定したままスクロールする方法

Excelの行や列(ウィンドウ枠)を固定したままスクロールする方法

はじめに

Excelで縦横に長い表を作成したとき、スクロールを行うと見出しの項目が画面から外れてしまいます。見出しの項目とデータを常に擦り合わせながら作業をするには、「ウィンドウ枠の固定」の機能を利用すると便利です。

今回は、スクロールを行っても見出しの行や列が追尾されたまま作業を行える「ウィンドウ枠の固定」と、固定を解除する「ウィンドウ枠の解除」の方法、そして「印刷時の対応」をお伝えしていきます。

ウィンドウ枠の固定がない時とある時を比べる

表の準備

表があります。例えば、このまま下へスクロールしていくとどうなるでしょうか。

固定なしスクロール

色付きの1行目「受験番号1、2、3・・・」が見えなくなりました。これは、ウィンドウ枠の固定がされてない状態であるためです。

固定ありスクロール

色付きの1行目を表示させたまま下へスクロールすることもできます。これがウィンドウ枠の固定がされている状態です。

ウィンドウ枠を固定してスクロールする方法

先頭の行だけを固定する

表示タブの選択

まず、【表示】タブを選択します。

先頭行の固定

【ウィンドウ枠の固定】を選択し、【先頭行の固定】を選択します。

スクロール確認

色付きの1行目を固定させたまま下へスクロールすることができました。

先頭の列だけを固定する

表示タブの選択

まず、【表示】タブを選択します。

先頭列の固定

【ウィンドウ枠の固定】を選択し、【先頭列の固定】を選択します。

スクロール確認

色付きの1列目を表示させたまま右へスクロールすることができました。

先頭の行と先頭の列を同時に固定する

セルの選択

ここでは先頭の1行と先頭の1列を固定させたいので、境目のセルはB2になります。したがって、B2セルをアクティブ状態にします。

表示タブの選択

【表示】タブを選択します。次に、【ウィンドウ枠の固定】を選択します。

ウィンドウ枠の固定を選択

【ウィンドウ枠の固定】を選択します。

スクロール確認

色付きの1行目、1列目とも固定させたまま縦横にスクロールできるようになりました。

2列目以降の行と列を同時に固定する

セルの選択

ここでは先頭の3行と先頭の2列を固定させたいので、境目のセルはC4になります。したがって、C4セルをアクティブ状態にします。

表示タブの選択

【表示】タブを選択します。次に、【ウィンドウ枠の固定】を選択します。

ウィンドウ枠の固定を選択

【ウィンドウ枠の固定】を選択します。

スクロール確認

3行目、2列目とも固定させたまま縦横にスクロールできるようになりました。

ウィンドウ枠を解除する方法

固定の解除前確認

3行目、2列目のウィンドウ枠が固定されている状態です。ウィンドウ枠を解除するにはどのような手順を行えばよいでしょうか。

表示タブの選択とウィンドウ枠の固定

【表示】タブを選択します。次に、【ウィンドウ枠の固定】を選択します。

ウィンドウ枠の固定解除

【ウィンドウ枠固定の解除】を選択します。

スクロール確認

ウィンドウ枠の固定が解除され、行・列が固定されずに縦横にスクロールできるようになりました。

ウィンドウ枠の固定ができない時は

ページレイアウトになっていないか

標準モード

標準モードとは画面の下の赤枠の部分です。ウィンドウ枠の固定ができる状態です。

ページレイアウト

これがページレイアウトの状態(画面の下の赤枠の部分)になっていると、ウィンドウ枠の固定ができません。

「分割」を選択していないか

分割の確認

ウィンドウ枠の固定の近くに「分割」があります。誤って「分割」を選択してしまう方もいらっしゃるようです。

分割の結果確認

「分割」を選択しても、ウィンドウは枠は固定されません。

先頭行の固定を保ちながら印刷する

印刷タイトルを選択

【ページレイアウト】タブを選択し、【印刷タイトル】を選択します。

タイトル行の選択

行を固定するには「タイトル行」の【↑】を選択します(列を固定するには「タイトル列」)。

範囲選択

固定したい行の範囲をドラッグして選択します。ここでは赤枠の部分を選択すると、1行目が全て選択範囲になります。

範囲が決まりましたら、上のダイアログボックスの赤枠の【↓】ボタンを押します。

OKボタンクリック

「$1:$1」が自動で入力されることを確認し、【OK】ボタンを押下します。

ファイルの選択

準備が整いましたので、【ファイル】を選択します。

印刷の選択

【印刷】を選択します。

送りボタンの選択

すると、画面の右側に1枚目の印刷プレビューが出てきます。2枚目以降のページを確認するには、赤枠の【右三角】を押します。

固定行印刷の結果

2枚目の印刷プレビューが出てきました。見出しが固定されたことが確認できたので、2枚目以降も見出しを含めて印刷が可能となります。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。