投稿者:公開日:  最終更新日:

Excelのハイパーリンクを一括解除して自動設定されなくする方法

Excelのハイパーリンクを一括解除して自動設定されなくする方法

はじめに

セルに「サイトのURL」や「メールアドレス」を貼り付けると自動でハイパーリンクが設定され、セルをアクティブにしたいだけなのにリンクを踏んでしまって「わずらわしい!」と感じたことはありませんか?

この余計なお世話な機能はExcelでは「オートコレクト」といい、その機能の一部として、入力したURLやメールアドレスに対して自動的にハイパーリンクを付与します。

ここでは、設定されてしまった複数のハイパーリンクを一括で解除する方法と、オートコレクトの設定でハイパーリンクが自動で付与されないようにする方法をお伝えします。

ハイパーリンクを一括解除する方法

まずは設定されてしまったハイパーリンクを一括で解除する方法をお伝えします。

ハイパーリンクの設定

「URL」と「メールアドレス」の2種類のハイパーリンクを用意しました。URLを押すとブラウザが立ち上がり、メールアドレスを押すとメーラーが立ち上がります。

ハイパーリンクのマウス操作

セルを選択するときハイパーリンクを動作させたくない場合は、マウスのボタンを押し続け、ポインターの形が変わったらマウスのボタンから指を離します。

全選択

赤枠の部分を押し、シート内の全てのセルを選択します。またはCtrlAで全選択します。

ハイパーリンクの削除

【右クリック】し、【ハイパーリンクの削除】を選択します。

パイパーリンクの削除結果

ハイパーリンクが削除されました。

ハイパーリンクを自動で付与されないようにする方法

オートコレクト機能の設定から、ハイパーリンクを自動で付与されないようにします。

ファイルタブの選択

【ファイル】タブを選択します。

オプションの選択

【オプション】を選択します。

オートコレクトのオプション

「Excelのオプション」ダイアログボックスが開きますので、【文章校正】を選択し、【オートコレクトのオプション】ボタンを押します。

ハイパーリンクのオートコレクト無効化

【入力オートフォーマット】タブを選択し、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックボックスを外します。

その後、【OK】ボタンを押し、設定が完了です。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。