Excelで縦書きにする3つの方法

はじめに

エクセルでセルに入力した文字を縦書きにしたいと思ったことはありませんか?

縦書きにする理由としては、デザインを考慮して読みやすくしたり、スペースを節約するために使われることが多いと思います。

特に列がたくさんある表だとシートが横に長くなるため、一部分を縦書きにすることでなるべく横にスクロールせずに情報を閲覧できます。

ここでは、セルに入力された文字を縦書きにする3つの方法をお伝えします。

ホームタブ内にある「方向」から変更する方法

データの準備

今回縦書きにするデータを用意します。「A列の部署名」と「B列の課名」を縦書きにしていきます。

ホームタブの選択

縦書きにする部署名(A2セル)を選択し、【ホーム】タブを選択し、【方向】を選択します。

縦書きの選択

様々な回転方法がリストアップされますが、その中でも【縦書き】を選択します。

部署名の縦書き完了

部署名が縦書きになりました。

「セルの書式設定」から変更する方法

セルの書式設定

縦書きにする課名(B2,B7セル)を選択した状態で「右クリック」し、その中から【セルの書式設定】を選択します。

配置タブの選択

「セルの書式設定」ダイアログボックスが開きますので、【配置】タブを選択すると、「方向」をコントロールできるエリアが現れます。

方向の設定

赤枠で囲われた箇所をクリックすると、背景が「黒」になります。その状態で【OK】ボタンを押します。

課名の縦書き完了

課名も縦書きになりました。

列の幅を狭める

縦書きに変更したので、A列とB列の列幅を短くしてスペースを節約しました。

縦書きコマンドをクイックアクセスツールバーに登録する方法

クイックアクセスツールバーの設定

クイックアクセスツールバーの一番右に表示されている【▼】ボタンを選択するとコンテキストメニューが表示されるので、【その他のコマンド】を選択します。

プルダウンでホームの選択

「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されるので、「コマンドの選択」で【ホームタブ】を選択し、【縦書き】を選択します。

縦書きのコマンドを追加

【OK】ボタンを押し、画面右側のエリアに今回追加したコマンドが表示されたら、下部の【OK】ボタンを押します

クイックツールアクセスバー確認

クイックアクセスツールバーに「縦書き」のコマンドが登録されました。これで縦書きを1クリックで実行できる準備が整いました。

部署名・課名の縦書き完了

クイックアクセスツールバーに登録したコマンドから縦書きにしました。とても簡単です。

アルファベットや数字の縦書きについて

アルファベットと数字を縦書き

アルファベットや数字のみで構成されているものを「縦書き」にすると見栄えがイマイチですね。

左へ90度回転

その場合は、【左へ90度回転】を選択する方法もあります。ぜひ試してみてください。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

このページを見ている方におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術

藤井 直弥-SBクリエイティブ

全352ページ

¥ 1,706

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

学研マーケティング

全94ページ

¥ 540

このページをフォローする

関連記事