Excel Hack

Excelでチェックボックスを作成する方法

チェックリストやアンケートを作成するときは、1クリックでチェックを入れられる「チェックボックス」を作成すると便利です。

この記事では、Excelでチェックボックスを作成する方法をご紹介します。

チェックボックスはとても簡単に作成できますので、効率よく集計を行いたいときなどに活用してください。

Excelのチェックボックスとは?

チェックボックスとは

チェックボックスとは、チェックの有無によって項目を満たしているかどうかを一目で判断できる四角い枠のことを言います。

Excelのチェックボックスでは、特定の関数と組み合わせてチェックの数を集計したり、チェックを入れたセルの色を変えたりすることができます。

チェックボックスを上手く活用することで、持ち物リストやアンケートなどを簡単に作成できるようになります。

開発タブを表示する

開発タブ

チェックボックスを作成するには、上の画像のような「開発」タブを表示させる必要があります。

開発タブはホームタブや挿入タブなどとは違い、デフォルトで表示されていません。

開発タブを表示させる方法については以下の通りです。

ファイルタブを選択する

ファイルタブを選択します。

オプションを選択する

オプションを選択します。

開発にチェックを入れる

「Excel のオプション」ダイアログボックスが表示されます。

リボンのユーザー設定を選択し、「開発」にチェックを入れ、OKボタンを押します。

開発タブ

これで開発タブが表示されるようになりました。

Excelでチェックボックスを作成する方法

Excelでチェックボックスを作成する方法は、以下の通りです。

作業時間:2分

チェックボックスを選択する

チェックボックスを選択する

開発タブ、挿入、「フォームコントロール」のチェックボックスの順に選択します。

作成したい位置でドラッグする

作成したい位置でドラッグする

マウスカーソルが十字マークに変わりますので、チェックボックスを作成したい位置でドラッグします。

チェックボックスを作成できた

チェックボックスを作成できた

チェックボックスの挿入を確定するため、他のセル(例:B4)を選択します。これでチェックボックスを作成することができました。

チェックボックスの編集方法

チェックボックスを移動する

Ctrlを押しながら選択する

チェックボックスを移動したい場合は、Ctrlを押しながらチェックボックスを選択します。

Ctrlを押さずにそのまま選択するとボックスにチェックが入ってしまいますので、編集をするときは必ずCtrlを押しながら選択しましょう。

移動する

編集状態になったら、チェックボックスの外枠にマウスカーソルを置きます。

マウスカーソルが十字マークに変わったことを確認し、移動したい位置までドラッグします。

移動できた

編集を確定するため、他のセル(例:B5)を選択します。

これでチェックボックスを移動することができました。

チェックボックスの文字列を編集する

Ctrlを押しながら選択する

チェックボックスのテキストを編集したい場合は、Ctrlを押しながらチェックボックスを選択し、文字列(例:チェック1)を選択します。

文字列を削除する

Deleteキーを押すと、文字列を削除できます。

チェックボックスのみを表示したい場合は、この方法で文字列を削除してください。

文字を入力する

文字を入力することもできます。今回は例として「チェック」と入力しました。

編集を確定する

編集を確定するため、他のセル(例:B4)を選択します。

これでチェックボックスの文字列を編集することができました。

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments