Excel Hack

エクセルのチェックボックスを連動させて一括チェックする

この記事では、エクセルのチェックボックスを連動させて一括チェックする方法をいくつかご紹介します。

チェックボックスを連動させることで、「全ての項目にチェックする」という内容のチェックボックスを作成することもできます。

大量のチェックボックスを一括でチェックしたいときに便利ですので、お役立てください。

エクセルの開発タブを表示する

開発タブ

エクセルでチェックボックスを連動させるには、初期設定では表示されていない「開発」タブを表示させる必要があります。

以下の記事「開発タブを表示する」セクションでは、エクセルで開発タブを表示する手順を説明しています。

エクセルのリボンに開発タブが表示されていない場合は、ご紹介している方法を参考にしてください。

Excelでチェックボックスを作成する方法

チェックボックスを連動させて一括チェックするVBAコード

チェックボックスを連動させて一括チェックするには、以下のVBAコードを使用します。

Sub 一括チェック()
If Range("A8").Value = True Then
Range("A3:A6").Value = True

ElseIf Range("A8").Value = False Then
Range("A3:A6").Value = False

End If
End Sub

このコードは「A8セルがTRUEまたはFALSEの場合、A3~A6セルに値を連動する」というものです。

連動するチェックボックスの例

上の画像を見ると、A8セルに「TRUE」と表示されていることが分かります。

A8セルとB8セルにあるチェックボックスはリンクされており、チェックが入るとA8セルに「TRUE」と表示されるように設定されています。

A8セルがTRUEになると、A3~A6セルも連動してTRUEになります。

A3~A6セルも、それぞれB3~B6セルのチェックボックスとリンクしているため、TRUEになるとチェックボックスにチェックが入るようになっています。

ここでは例としてA8セルとA3~A6セルを連動するように指定していますが、セル範囲を変更したい場合は、Range(“A8”)とRange(“A3:A6”)を任意のセルに変更してください。

エクセルのチェックボックスを連動させて一括チェックする方法

エクセルのマクロを使用して、チェックボックスを連動させて一括チェックする方法を説明します。

作業時間:5分

連動するチェックボックスを作成する

連動するチェックボックスを作成する

「全ての項目にチェックする」のチェックボックスにチェックを入れると、4つのチェックボックスにチェックが入るというように、チェックボックスを連動させて一括チェックする方法を解説していきます。

コントロール書式設定を選択する

コントロール書式設定を選択する

チェックボックスの上で右クリックをし、コントロール書式設定を選択します。

上矢印ボタンを押す

上矢印ボタンを押す

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。コントロールタブを選択し、「リンクするセル」の上矢印ボタンを押します。

リンクするセルを選択する

リンクするセルを選択する

リンクするセル(例:A3)を選択すると、コントロールの書式設定ダイアログボックスに「$A$3」と表示されますので、下矢印ボタンを押します。

OKボタンを押す

OKボタンを押す

OKボタンを押します。

チェックボックスがリンクされた

チェックボックスがリンクされた

チェックボックスにチェックを入れると、リンクしたセル(例:A3)に「TRUE」と表示されます。チェックボックスを一括チェックするには、連動したい全てのチェックボックスでリンクするセルを設定します。

リンクするセルを設定した

リンクするセルを設定した

連動したい全てのチェックボックスで、リンクするセルの設定を行いました。この設定はコピー&ペーストができないため、1つずつ設定する必要があります。

マクロの登録を選択する

マクロの登録を選択する

一括チェックするチェックボックスの上で右クリックをし、マクロの登録を選択します。

マクロの新規作成を行う

マクロの新規作成を行う

「マクロの登録」ダイアログボックスが表示されます。マクロ名(例:一括チェック)を入力し、新規作成ボタンを押します。

VBAコードをペーストする

VBAコードをペーストする

「Microsoft Visual Basic for Application」が自動的に起動します。本記事「チェックボックスを連動させて一括チェックするVBAコード」セクションにあるVBAコードをコピーし、モジュールにペーストします。

上書き保存する

上書き保存する

ファイルタブ、上書き保存の順に選択します。

いいえボタンを押す

いいえボタンを押す

「Microsoft Excel」ダイアログボックスが表示されます。いいえボタンを押します。

マクロ有効ブックとして保存する

マクロ有効ブックとして保存する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。ブックの保存先(例:ダウンロード)、ファイルの種類、Excel マクロ有効ブック (*.xlsm)の順に選択します。

ファイルの保存を行う

ファイルの保存を行う

保存ボタンを押します。

チェックボックスを連動させて一括チェックできた

チェックボックスを連動させて一括チェックできた

エクセルの編集画面に戻ります。先ほどマクロの登録を行ったチェックボックス(例:B8)にチェックを入れてみると、連動しているB3~B6セルのチェックボックスにもチェックが入りました。

コントロールの書式設定から一括チェックする

マクロを使用したくない場合は、エクセルの「コントロールの書式設定」から一括チェックすることも可能です。

以下では、コントロールの書式設定から一括チェックする方法を説明します。

ジャンプを選択する

ホームタブ、検索と選択、ジャンプの順に選択します。

セル選択ボタンを押す

「ジャンプ」ダイアログボックスが表示されます。

セル選択ボタンを押します。

オブジェクトを選択する

「選択オプション」ダイアログボックスが表示されます。

オブジェクトを選択し、OKボタンを押します。

プロパティを選択する

全てのチェックボックスが選択されました。

この方法でオブジェクトを全選択すると、チェックボックス以外のオブジェクトも選択されてしまいますのでご注意ください。

開発タブ、プロパティの順に選択します。

値をオンにする

「コントロールの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。

コントロールタブ、オンの順に選択し、OKボタンを押します。

一括チェックできた

これで、コントロールの書式設定から一括チェックすることができました。

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments