Excel Hack

エクセルで今日の日付を表示する関数

請求書などの書類を作成して今日の日付を入力する際、いちいち日付を確認して入力するのは面倒です。

そのためExcelで今日の日付を表示する関数を知っておくと、関数を入力するだけで自動的に日付が入力されるので便利です。

この記事では今日の日付を表示する関数について解説します。

エクセルで今日の日付を表示する関数

Excelで今日の日付を表示する関数は、TODAY関数とNOW関数の2つです。この2つの関数の違いについては、以下「今日の年月日を表示する」「今日の日付と時刻を表示する」セクションで確認することができます。

また、TODAY関数と他の関数(または数値)を組み合わせると、例えば以下のようなことができます。

  • 今日の日のみ表示する
  • 今日の月のみ表示する
  • 今日から…日後の日付を表示する

詳しくは以下を参照してください。

今日の年月日を表示する

今日の年月日を表示するにはTODAY関数を使います。TODAY関数の使い方については、以下を参照してください。

作業時間:1分

今日の日付を入力したいセルを選択する
今日の日付を入力したいセルを選択する

今日の日付を入力したいセル(B3)を選択します。

数式バーにTODAY関数を入力する
数式バーにTODAY関数を入力する

数式バーに「=TODAY()」を入力します。TODAY関数とは、指定したセルに今日の日付を表示する関数です。TODAY関数の書式には引数はありません。「=TODAY()」という形式で入力します。

今日の日付(年月日)が表示される
今日の日付(年月日)が表示される

Ctrl + Enterを押すと、今日の日付(年月日)が表示されました。作成した年月日が2023年1月23日だったので、B3セルに「2023/1/23」が表示されました。

今日の日付と時刻を表示する

今日の年月日と時刻を表示するにはNOW関数を使います。NOW関数の使い方については、以下を参照してください。

B3セルを選択する

今日の日付(年月日と時刻)を表示したいセル(B3)を選択します。

NOW関数を入力する

数式バーに「=NOW()」を入力します。NOW関数とは、指定したセルに現在の日付と時刻を表示する関数です。

NOW関数の書式には引数はありません。「=NOW()」という形式で入力します。

NOW関数の入力完了

Ctrl + Enterを押すと、今日の日付(年月日と時刻)が表示されました。

作成した年月日と時刻が2023年1月23日11時55分だったので、B3セルに「2023/1/23 11:55」が表示されました。

今日の日のみ表示する

今日の日付で「日」のみ表示するにはDAY関数とTODAY関数を組み合わせます。DAY関数とTODAY関数の組み合わせ方については、以下を参照してください。

B3セルを選択する

今日の日付(日のみ)を表示したいセル(B3)を選択します。

DAY関数とTODAY関数を組み合わせる

数式バーに「=DAY(TODAY())」を入力します。DAY関数とは、日付データから日の数値を表示する関数です。

DAY関数の書式は「=DAY(シリアル値)」で、この場合は「シリアル値」に今日の年月日を表示するTODAY関数(TODAY())を入力します。

今日の日付が表示される

Ctrl + Enterを押すと、今日の日付(日のみ)が表示されました。

作成した年月日が2023年1月23日だったので、B3セルに「23」が表示されました。

今日の月のみ表示する

今日の日付で「月」のみ表示するにはMONTH関数とTODAY関数を組み合わせます。MONTH関数とTODAY関数の組み合わせ方については、以下を参照してください。

B3セルを選択する

今日の日付(月のみ)を表示したいセル(B3)を選択します。

MONTH関数とTODAY関数を組み合わせる

数式バーに「=MONTH(TODAY())」を入力します。MONTH関数とは、日付データから月の数値を表示する関数です。

MONTH関数の書式は「=MONTH(シリアル値)」で、この場合は「シリアル値」に今日の年月日を表示するTODAY関数(TODAY())を入力します。

今日の月を表示する

Ctrl + Enterを押すと、今日の日付(月のみ)が表示されました。

作成した年月日が2023年1月23日だったので、B3セルに「1」が表示されました。

今日から…日後の日付を表示する

今日から…日後の日付を表示するにはTODAY関数と数値を足し算します。手順の詳細については、以下を参照してください。

B3セルを選択する

今日から5日後の日付を表示したいセル(B3)を選択します。

=TODAY()+5を入力する

数式バーに「=TODAY()+5」を入力します。今日の日付を表示するTODAY関数に5を足します。

今日から5日後の日付

Ctrl + Enterを押すと、今日から5日後の日付が表示されました。

作成した年月日が2023年1月23日だったので、B3セルに「2023/1/28」が表示されました。

このページを見ている人におすすめの商品

500円でわかるエクセル関数 最新版 (ワン・コンピュータームック)

500円でわかるエクセル関数 最新版 (ワン・コンピュータームック)

ワン・パブリッシング

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments