Excel Hack

エクセルで曜日を英語表記にする方法

Excelに英語で曜日を表記する場合、スケジュール表に各日付の曜日を直接入力したり、1つ1つコピー&ペーストしたりするのは大変です。

しかし、各日付に自動で英語の曜日を割り当てるように設定できると、とても便利です。

この記事では、セルの書式設定およびTEXT関数を使って、英語で曜日を表記する方法を説明します。

曜日の英語表記について

Excelでセルの書式設定やTEXT関数を使って英語の曜日を設定した場合、オートフィルで各日付に自動で曜日を割り当てることができます。

例えば、2022/12/1は「Thursday」、2022/12/2は「Friday」…といった具合です。2022/12/1~2022/12/31の連続した日付の曜日でも、オートフィルを使って一瞬で割り当てることができます。

また、Excelでの英語の曜日に関する表示形式は、「dddd」と「ddd」があります。「dddd」は正式名称(例: Thursday)、「ddd」は省略形(例: Thu)がセル上に表示されるようになっています。

エクセルで曜日を英語表記にする方法

書式設定の表示形式を使う

Excelで「セルの書式設定」から英語で曜日を表記し、2022/12/1~2022/12/31まで自動で曜日を割り当てる方法を解説します。

作業時間:1分

日付のセルを参照する
日付のセルを参照する

曜日を入力したい列のセル(例: B2)を選択します。ここでは、A2セルの日付を参照したいので、数式バーに「=A2」を入力し、Ctrl + Enterを押して計算を確定します。

セルの書式設定を選択する
セルの書式設定を選択する

右クリックし、セルの書式設定を選択します。

ユーザー定義でdddを入力する
ユーザー定義でdddを入力する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されました。表示形式タブ、ユーザー定義の順に選択します。ここでは、短縮形の曜日を英語で表示したいので、「種類」のテキストボックスに「ddd」を入力し、OKボタンを押します。

他の日付でオートフィルする
他の日付でオートフィルする

B2セルに短縮形の曜日(Thu)が表示されました。ここでは、他の日付にも短縮形の曜日を反映させたいので、セル右下の■にカーソルを合わせ、十字マークになった時点で下にドラッグしてオートフィルします。

他の日付にも曜日が反映される
他の日付にも曜日が反映される

他の日付にも曜日が反映されました。

TEXT関数を使う

ExcelのTEXT関数を使って曜日を英語表記し、2022/12/1~2022/12/31まで自動で曜日を割り当てる方法を解説します。

TEXT関数を入力

曜日を入力したい列のセル(例: B2)を選択します。

数式バーに「=TEXT(A2,”ddd”)」を入力し、確定させるためにCtrl + Enterを押します。

数式をオートフィルする

B2セルに短縮形の曜日(Thu)が表示されました。

ここでは、他の日付にも短縮形の曜日を反映させたいので、セル右下の■にカーソルを合わせ、十字マークになった時点で下にドラッグしてオートフィルします。

関数の結果

他の日付にも曜日が反映されました。

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

    コメント

    この記事へのコメントをお寄せ下さい。

    0 コメント
    Inline Feedbacks
    View all comments