Excel Hack

エクセルで曜日を日本語表記にする方法

この記事では、セルの書式設定とTEXT関数を使って日本語表記で曜日を設定する方法について説明します。

Excelで日本語の曜日を表示するには、日付ごとに曜日を直接入力するか、1つずつコピー&ペーストしてスケジュール表などのデータを完成させることができます。

しかし、それぞれの日付に自動的に曜日を割り当てる設定ができれば、かなり効率的ですので覚えてきましょう。

曜日の日本語表記について

Excelでセルの書式設定やTEXT関数を使って日本語の曜日を設定しておくと、オートフィルを利用して各日付に曜日を自動的に割り当てることができます。

例えば、2022/12/1は「木曜日」、2022/12/2は「金曜日」…といった具合に自動で一括表示することができます。2022/12/1~2022/12/31の連続した日付の曜日でも、オートフィルを使って一瞬で割り当てることができます。

また、Excelでの日本語の曜日に関する表示形式は、「aaaa」と「aaa」の2種類があります。「aaaa」は正式名称(例: 木曜日)、「aaa」は省略形(例: 木)がセル上に表示されるようになっています。

エクセルで曜日を日本語表記にする方法

書式設定の表示形式を使う

Excelで「セルの書式設定」から日本語の曜日を表記し、2022/12/1~2022/12/31まで自動で曜日を割り当てる方法を解説します。

作業時間:1分

日付のセルを参照する
日付のセルを参照する

曜日を入力したい列のセル(例: B2)を選択します。ここでは、A2セルの日付を参照したいので、数式バーに「=A2」を入力し、Ctrl + Enterを押して計算を確定します。

セルの書式設定を選択する
セルの書式設定を選択する

右クリックし、セルの書式設定を選択します。

ユーザー定義でaaaを入力する
ユーザー定義でaaaを入力する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されました。表示形式タブ、ユーザー定義の順に選択します。ここでは、短縮形の曜日を日本語で表示したいので、「種類」のテキストボックスに「aaa」を入力し、OKボタンを押します。

他の日付にオートフィルする
他の日付にオートフィルする

B2セルに短縮形の曜日(例: 木)が表示されました。ここでは、他の日付にも短縮形の曜日を反映させたいので、セル右下の■にカーソルを合わせ、十字マークになった時点で下にドラッグしてオートフィルします。

他の日付にも曜日が反映される
他の日付にも曜日が反映される

他の日付にも曜日(日本語)が反映されました。

TEXT関数を使う

ExcelのTEXT関数を使って曜日を日本語表記し、2022/12/1~2022/12/31まで自動で曜日を割り当てる方法を解説します。

TEXT関数を使う

曜日を入力したい列のセル(例: B2)を選択します。

数式バーに「=TEXT(A2,”aaa”)」を入力し、確定させるためにCtrl + Enterを押します。

オートフィルする

B2セルに短縮形の曜日(例: 木)が表示されました。

ここでは、他の日付にも短縮形の曜日を反映させたいので、セル右下の■にカーソルを合わせ、十字マークになった時点で下にドラッグしてオートフィルします。

スケジュール表の完成

他の日付にも曜日が反映されました。

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments