ExcelのASC関数の使い方|全角の英数カナを半角に変換する

はじめに

ASC関数は、全角の文字列を半角に変換する関数です。

この関数を使うと、文字列に含まれた全角英数カナは半角に変換されます。したがって、文字列がすでに半角である場合や、ひらがなや漢字のように半角文字が無い場合は何も変換されません。

また、ASC関数と他の関数を組み合わせて、利用パターンを広げることもできます。例えば、

  • セル内の文字列を半角で統一しつつアルファベットの頭文字のみを大文字にするには、ASC関数とPROPER関数
  • 小文字や大文字が混在したアルファベットを小文字に統一したい場合は、ASC関数とLOWER関数
  • 小文字や大文字が混在したアルファベットを大文字に統一したい場合は、ASC関数とUPPER関数

の組み合わせがあります。

以下の記事では、ASC関数のいくつかの利用形式をご紹介していきます。

書式/使用例

文字列を半角に変換します。

=ASC(文字列)

A1のセル 関数式 結果
Excel hack =ASC(A1) Excel hack
Excel hack =ASC(PROPER(A1)) Excel Hack
Excel hack =LOWER(ASC(A1)) excel hack
Excel hack =UPPER(ASC(A1)) EXCEL HACK

ASC関数の基本的な使い方

半角の変換前

地名一覧です。今からASC関数を使って、全角文字を半角に変換していきます。

ASC関数の入力

まずB3セルを選択し、数式バーに頭文字『=AS』を入力します。頭文字「AS」の関数一覧が出るので、【ASC】を選択します。

引数の入力

【ASC】を選択すると「=ASC(」が現れるので、続けて『A3)』を入力します。「=ASC(A3)」となればOKです。その後、Enterを押します。

半角に変換

B3セルを見ると、A3セルの全角カタカナの文字がASC関数によって半角に変換されたことがわかります。

次に、選択されているB3のセルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へドラッグします。

半角変換の一覧

A3からA6セルのカタカナや小文字のアルファベットが半角に変換されました。漢字は全角のまま残っています。

ASC関数と他の関数を組み合わせた使い方

セル内の文字列を半角で統一しつつアルファベットの頭文字を大文字で残りは小文字に変換する方法(ASC×PROPER関数)

頭文字を大文字に変換

次に、アルファベットの大文字と小文字が混在しているセルを、アルファベットの頭文字だけ大文字にし、残りは小文字に変換する方法を説明します。

順序としては、まずはPROPER関数でアルファベットの先頭のみを大文字にし、ASC関数で半角文字にそろえる形になります。

頭文字の入力

まずB3セルを選択し、数式バーに『=AS』を入力します。頭文字「AS」の関数一覧が出るので、【ASC】を選択します。

PROPER関数の入力

【ASC】を選択すると「=ASC(」が現れるので、続けて『PR』を入力します。すると、頭文字「PR」の関数一覧が出るので、【PROPER】を選択します。PROPER関数の対象は英単語のみなので注意が必要です。
※PROPER関数とは、英単語の先頭文字を大文字にして以降を小文字にする関数です。

引数「A3」の入力

【PROPER】を選択すると「PROPER(」が現れるので、続けて『A3))』を入力します。「=ASC(PROPER(A3))」となればOKです。その後、Enterを押します。

頭文字のみ大文字

B3セルの文字をご覧ください。PROPER関数でアルファベットの先頭が大文字で以降が小文字になり、セル内の文字列がASC関数で半角に統一されました。これをB4からB6にも反映させます。

選択されているB3のセルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へドラッグしましょう。

頭文字のみ大文字の一覧

A3からA6セルの文字列が半角で統一され、アルファベットの頭文字が大文字で残りは小文字に変換されました。

小文字や大文字が混在したアルファベットをどちらかの文字体系に統一する方法(ASC×LOWER/UPPER関数)

小文字もしくは大文字に統一

最後に、小文字や大文字が混在したアルファベットを、小文字もしくは大文字のの文字体系に統一する方法を説明します。

ここではASC関数とLOWER関数で小文字に統一し、ASC関数とUPPER関数で大文字に統一する方法をご紹介します。

LOWER関数で小文字に変換する

LOWER関数の入力

まず、A3セルの文字列を小文字に統一させてみましょう。B3セルを選択し、数式バーに『=LO』を入力します。頭文字「LO」の関数一覧が出るので、【LOWER】を選択します。LOWER関数の対象は英字のみなので注意が必要です。
※LOWER関数とは、文字列の中の英字を小文字に変換する関数です。

小文字のみ

【LOWER】を選択すると「=LOWER(」が表示されるので、『ASC(A3))』を続けて入力します。「=LOWER(ASC(A3))」となればOKです。その後、Enterを押します。

小文字の統一の一覧

B3セルの文字をご覧ください。LOWER関数でA3セルの文字列が小文字になり、ASC関数で半角に統一されました。これをB4からB6にも反映させます。

選択されているB3のセルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へドラッグしましょう。

UPPER関数の入力

これで、A3からA6の文字列がすべて小文字で、半角に統一されました。

UPPER関数で大文字に変換する

大文字のみの表示

次に、A3セルの文字列を大文字に統一させてみましょう。C3セルを選択し、数式バーに『=U』を入力します。頭文字「U」の関数一覧が出るので、【UPPER】を選択します。UPPER関数の対象は英字のみなので注意が必要です。
※UPPER関数とは、文字列の中の英字を大文字に変換する関数です。

大文字のみの一覧

【UPPER】を選択すると「=UPPER(」が表示されるので、『ASC(A3))』を続けて入力します。「=UPPER(ASC(A3))」となればOKです。その後、Enterを押します。

C3セルの文字をご覧ください。UPPER関数でA3セルの文字列が大文字になり、ASC関数で半角に統一されました。これをC4からC6にも反映させます。

選択されているC3のセルの右下にカーソルをあわせると十字キーに変化するので、そのまま下へドラッグしましょう。

これで、A3からA6の文字列がすべて大文字で、半角に統一されました。

Windows10とExcel2016

本記事で使用したOSはWindows10、Excelのバージョンは2016です。

他の関数も合わせてチェック!

目的別に並べた便利なExcel関数一覧表(全451種)

目的別に並べた便利なExcel関数一覧表(全459種)

Excel Hackでは、ここでご紹介できなかった関数の一覧ページもご用意しております。ぜひ、参考にしてください。

このページを見ている方におすすめの商品

できるポケット Excel関数全事典 2013/2010/2007対応 (できるポケット全事典シリーズ)

できるポケット Excel関数全事典 2013/2010/2007対応 (できるポケット全事典シリーズ)

羽山 博-インプレス

全368ページ

¥ 1,490

Excel関数逆引き辞典パーフェクト 第3版

Excel関数逆引き辞典パーフェクト 第3版

きたみ あきこ-翔泳社

全832ページ

¥ 2,592

このページをフォローする

関連記事