Excel Hack

エクセルのセル内で文章を改行する方法

Excelで注釈や長いタイトルなど、セルに入りきらない長さの文章を入力しなければならないことがあります。

いつも通り、セルを選択してEnterキーを押して改行しようとしたら、セルの値が確定して1つ下に移動してしまって困ったという経験はありませんか?

この記事では、Excelでセル内を改行する方法について解説します。

本記事をPDFとして無料ダウンロード

PDF

本記事をPDFで無料ダウンロードいただけます。

タブレットでPDFを再生したり紙に印刷することで、いつでも記事の内容を確認できます。

エクセルのセル内で文章を改行する方法

Alt + Enterで改行する

以下、Alt + Enterでセル内の文字列を改行する方法について説明します。

作業時間:1分

改行したいセルを選択する
改行したいセルを選択する

改行したいセル(A1)を選択します。

改行したい位置にキャレットを合わせる
改行したい位置にキャレットを合わせる

F2を押します。改行したい位置にキャレット(点滅する棒線)を合わせます。

Alt + Enterを押す
Alt + Enterを押す

Alt + Enterを押して改行を行います。確定させるために、Ctrl + Enterを押します。

セル内で改行された状態
セル内で改行された状態

文字列がセル内で改行された状態になりました。

折り返して全体を表示を使う

折り返して全体を表示

Excelのセルに長い文字列を入力すると、文字列の一部がセルの枠からはみ出したり、隣のセルの文字列と重なったりすることがあります。

はみ出した文字列を見やすくレイアウトするために、セル境界で改行する「折り返して全体を表示」機能があります。

以下の記事では、Excelの「折り返して全体を表示」機能を使った3つの改行方法をご紹介しています。

エクセルの折り返して全体を表示を使って自動改行する方法

このページを見ている人におすすめの商品

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments