Microsoft Officeサブスクリプション版とパッケージ版の価格比較

はじめに

マイクロソフトが提供しているOfficeのサブスクリプション版をご存知でしょうか?利用方法によっては従来のパッケージ版に比べてお得な場合があります。ただ自分はどちらを購入したらいいかお悩みになる方も多いと思います。

この記事ではOffice 365 サブスクリプション版を購入した場合と、パッケージ版のOffice 2016を購入した場合の価格を比較していきます。両者を比較した上でご自身にあった商品を選ぶ際のご参考にしてください。

パッケージ版とサブスクリプション版の違い

パッケージ版とサブスクリプション版については下記の表のような違いがあります。まずはそれぞれの違いについてご説明していきます。

パッケージ版 サブスクリプション版
費用 1回限りの支払い 毎月もしくは年間払い
使用年数/使用台数 永続 / 2台
(Windows専用)
1年/ 2台
(Windows/Mac共用)
常に最新バージョンの
アプリケーションにアップグレード
Word, Excel, Outlook
(Windows版)
PowerPoint, OneNote
(Windows版)
Publisher, Access
Word for Mac,
Excel for Mac,
PowerPoint for Mac
追加のオンラインストレージ 含まれません OneDrive 1TB

※パッケージ版はOffice Home and Business 2016の場合を想定
※サブスクリプション版はOffice 365 Soloの場合を想定

サブスクリプション版とは

サブスクリプション版は、毎月または年ごとに利用料を支払うことで最新のOffice製品を使用することができるサービスです。

このサブスクリプション版の中でも個人向けに提供されているものが「Office 365 Solo」になります。

使用できるOfficeアプリケーションもMacへのインストールができたりパッケージ版に比べて利用範囲が広がっています。

パッケージ版とは

パッケージ版は、使用しているパソコンにインストールする形態の製品のことで永続ライセンス版になります。

買い切り型ですので費用は導入時の1回限りですが、新しいバージョンの製品が発売されても無償でアップグレードされることはありません。新しいバージョンの製品にアップグレードする際は追加費用が発生します。

サブスクリプション版の価格

サブスクリプション版であるOffice 365 Soloの支払いは、1年ごとに自動更新される年間更新版と、1ヶ月ごとに自動更新される月間更新版があります。

  • 年間払い=12,744円(月間=1,062円)
  • 月間払い=1,274円

11カ月以上の利用が見込まれる場合は、年間更新版にしたほうがお得です。

経過月 月間更新版の費用(累計) 年間更新版の費用(累計)
1 1,274円 12,744円
2 2,548円 12,744円
3 3,822円 12,744円
4 5,096円 12,744円
5 6,370円 12,744円
6 7,644円 12,744円
7 8,918円 12,744円
8 10,192円 12,744円
9 11,466円 12,744円
10 12,740円 12,744円
11 14,014 12,744
12 15,288円 12,744円
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

サブスクリプション版の年間契約はこちら

パッケージ版の価格

サブスクリプション版と異なり、パッケージ版であるOffice 2016の費用に関しては一括払いとなります。1回支払うことで永年利用することができます。

Office 2016のラインナップとしてPersonal、Home & Business、Professionalの3つがあります。それぞれで費用や使用できるアプリケーションが異なります。

Office Personal 2016 Office Home & Business 2016 Office Professional 2016
32,184円 37,584円 64,584円
1ライセンスにつき Windows PC 2台までインストール可能 1ライセンスにつき Windows PC 2台までインストール可能 1ライセンスにつき Windows PC 2台までインストール可能
Word、Excel、Outlook Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
iconicon

パッケージ版の購入はこちら

サブスクリプション版とパッケージ版の価格比較

サブスクリプション版であるOffice 365 Soloと、パッケージ版のOffice 2016の価格を比較してみました。

両者3年間の支払い累計額は、

  • サブスクリプション版(年間更新)=38,232円(3年間)
  • パッケージ版(Office Home & Business 2016)=37,584円(3年間)

となります。下記の比較表を見ると2年目まではサブスクリプション版の方がお得に利用することができます。3年目を超えると逆転し、パッケージ版の方が累計費用が安くなります。

経過年 サブスクリプション版の費用(累計) パッケージ版の費用(累計)
1 12,744円 37,584円
2 25,488円 37,584円
3 38,232円 37,584円

単純に価格だけで考えた場合ですとサブスクリプション版を継続契約するよりも、パッケージ版にしたほうが安く利用できるようにみえます。

しかしパッケージ版は数年で新しいアップグレードバージョンが発売されます。近年の傾向ですとOffice 2010、Office 2013、Office 2016といったように3年単位でアップグレードされています。アップグレードされるたびに新しいパッケージ版を購入するとそのたびにコストがかかることになります。

反対にサブスクリプション版はいつでも最新のOfficeを使用することができます。

機能やセキュリティー面においても常に最新版を使用することが好ましいのでサブスクリプション版がおすすめです。ご自身の利用状況を検討の上、よりよい選択をしましょう。

サブスクリプション版の購入方法

サブスクリプション版であるOffice 365 Soloの詳しい購入方法を以下のページで紹介しています。ご参考にして下さい。

このページをフォローする

関連記事