Excel Hack

Adobe AcrobatでPDFをエクセルに変換する方法

PDFのデータを手軽にエクセルに変換したい場合は、「Adobe Acrobat」の利用をおすすめします。

この記事では、Adobe Acrobatを使ってPDFをエクセルに変換する方法をご紹介します。

有料の「Adobe Acrobat」と、無料の「Adobe Acrobat オンラインサービス」を実際に使いながら解説していきます。

本記事をPDFとして無料ダウンロード

PDF

本記事をPDFで無料ダウンロードいただけます。

タブレットでPDFを再生したり紙に印刷することで、いつでも記事の内容を確認できます。

Adobe Acrobatとは

Adobe Acrobatとは、PDFというファイル形式を開発した米Adobe(アドビ)社が提供しているPDF編集ツールです。

PDFからExcel対応のファイル形式に変換することももちろん可能です。

Adobe Acrobat

月額料金を支払うことで利用できるAdobe Acrobatでは、手軽にPDFをエクセルに変換することができます。

2022年11月現時点でのAdobe Acrobat(サブスクリプション版)の料金は、以下の通りです。

プランAcrobat StandardAcrobat Pro
月間プラン月額2,728円(税込)月額3,380円(税込)
年間プラン
(月々払い)
月額1,518円(税込)月額1,980円(税込)
年間プラン
(一括払い)
年額18,216円(税込)年額23,760円(税込)

Standard/Proともに、PDFからExcelへの変換が可能です。StandardとProの主な違いについては以下の表をご参照ください。

機能Acrobat StandardAcrobat Pro
PDF編集機能
変換機能
PDF→Word/Excel/PowerPoint
PDFにパスワードを設定
PDFにある機密情報の墨消し×
PDFの比較×
Mac/Windowsでの利用Windowsのみ

なお、Adobe Acrobatには買い切りで利用できる永続版もありますが、順次サポートを終了していくことから、Adobe公式ではサブスクリプション版に移行することを強く推奨しています。

Adobe Acrobat オンラインサービス

また、無料で利用できるAdobe Acrobat オンラインサービスでも、PDFをエクセルに変換することができます。

本記事「無料のAdobe Acrobat オンラインサービスで変換する方法」セクションでは、実際にAdobe Acrobat オンラインサービスを使って変換方法を解説しています。

Adobe Acrobat Proを無料で始める

Adobe Acrobat Proを初めて利用する場合、7日間の無料体験期間があります。

申し込みから7日が経つと自動的に月額料金の請求が開始されます。

ここでは、Adobe Acrobat Proを無料で始める方法をご紹介します。

Adobe Acrobat Proを無料で始める

【無料で体験】Adobe Acrobat Proをダウンロードのページにアクセスし、無料で始めるボタンを押します。

プランを変更する

加入するプランを決めましょう。サブスクリプションの下にあるプランのプルダウンを選択し、任意のプラン(例:年間プラン)を選択します。

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力し、続行ボタンを押します。

Adobe IDを所持している場合は、登録したメールアドレスを入力してください。

パスワードを入力する

Adobe IDに登録してあるメールアドレスを入力した場合、このようなログイン画面が表示されます。

パスワードを入力し、続行ボタンを押します。

初めてAdobeのツールを利用する場合は、手順に従って新規IDを作成してください。

支払い情報を入力する

支払い方法、姓、名、電話番号をそれぞれ入力し、無料体験を開始ボタンを押します。

登録できた

これでAdobe Acrobat Proを利用できるようになりました。

以下では、実際にAdobe Acrobat Proを使用して、PDFをエクセルに変換する方法をご紹介します。

Adobe AcrobatでPDFをエクセルに変換する方法

Adobe AcrobatでPDFをエクセルに変換する方法をご紹介します。本記事では例としてAdobe Acrobat Proを使用しています。

作業時間:4分

開くを選択する

開くを選択する

Adobe Acrobatを開き、ファイルタブ、開くの順に選択します。

PDFを開く

PDFを開く

「開く」ダイアログボックスが表示されます。PDFの保存場所(例:ダウンロード)、変換したいPDF(例:データ1)の順に選択し、開くボタンを押します。

PDF を書き出しを選択する

PDF を書き出しを選択する

選択したPDFが表示されます。画面右側のPDF を書き出しを選択します。

PDFをExcel形式に書き出す

PDFをExcel形式に書き出す

スプレッドシート、Microsoft Excel ブックの順に選択し、書き出しボタンを押します。

ファイルの保存先を選択する

ファイルの保存先を選択する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。ファイルを保存したい場所(例:マイコンピューター)を選択し、最近使用したフォルダーを選ぶか別のフォルダーを選択ボタンを押します。

名前を付けて保存する

名前を付けて保存する

保存先(例:ダウンロード)を選択し、ファイル名(例:データ1)を入力し、保存ボタンを押します。

エクセルのファイルを選択する

エクセルのファイルを選択する

保存されたエクセルファイルを開いて、どのように変換されたか確認してみましょう。エクスプローラー、保存先(例:ダウンロード)、エクセルのファイル(例:データ1)の順に選択します。

行番号と列番号のフォントを戻す

行番号と列番号のフォントを戻す

変換されたデータを見てみると、やや表が崩れ、行番号や列番号が別のフォントに変わっています。行/列番号を元のフォントに戻すには、ホームタブ、セルのスタイルの順に選択し、標準を右クリックし、変更を選択します。

書式設定ボタンを押す

書式設定ボタンを押す

「スタイル」ダイアログボックスが表示されます。書式設定ボタンを押します。

フォントを選択する

フォントを選択する

「セルの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。フォントタブを選択し、「フォント名」を游ゴシック、「スタイル」を標準、「サイズ」を10に設定し、OKボタンを押します。

OKボタンを押す

OKボタンを押す

OKボタンを押して、「スタイル」ダイアログボックスを閉じます。

行番号と列番号が戻った

行番号と列番号が戻った

行番号と列番号の表示が標準の状態に戻りました。行/列番号のフォントや、フォントサイズが変わっていると、セル内の文字も不自然に大きく/小さくなってしまうことがありますので、必ず変更しておきましょう。

PDFをエクセルに変換できた

PDFをエクセルに変換できた

必要に応じて、表の崩れている箇所を手作業で修正しましょう。これでAdobe AcrobatでPDFをエクセルに変換することができました。

無料のAdobe Acrobat オンラインサービスで変換する方法

無料で利用できる「Adobe Acrobat オンラインサービス」で、PDFをエクセルに変換する方法をご紹介します。

ファイルを選択する

Adobe Acrobat オンラインサービスにアクセスし、変換したいPDFを選択するか、PDFを枠線内にドラッグ&ドロップします。

ここでは例として、ファイルを選択ボタンを押します。

PDFを選択する

「開く」ダイアログボックスが表示されます。

PDFの保存場所(例:ダウンロード)、PDF(例:データ1)の順に選択し、開くボタンを押します。

ダウンロードする

PDFがエクセルに変換されました。右側のプレビューを確認し、ダウンロードボタンを押します。

なお、Adobe IDでログインしていない場合、ファイルのダウンロードは「24時間ごとに1回のみ」となります。

Adobe IDの作成は無料ですので、これを機にIDを作成しておくのも良いでしょう。

エクセルを選択する

変換されたエクセルのデータを確認してみましょう。

エクスプローラー、ダウンロード、PDFから変換したエクセルのファイル(例:データ1)の順に選択します。

編集を有効にする

エクセルのデータが表示されます。データが正しく収まっていない/セルが勝手に結合されていたりと、表が崩れてしまっています。

基本的に、PDFをエクセルなどの別の形式に変換する際は、このようにレイアウトが崩れることがほとんどです。

体裁を整えるため、編集を有効にするボタンを押します。

かなり崩れている

これでデータを編集できるようになりました。必要に応じて、崩れてしまった箇所を手作業で修正しましょう。

上の画像のように、行番号や列番号のフォントが変わってしまっている場合は、本記事「Adobe AcrobatでPDFをエクセルに変換する方法」セクションでご紹介している方法を参考にフォントを変更してください。

体裁を整えた

表の見た目を整えました。これで、Adobe Acrobat オンラインサービスでPDFをエクセルに変換することができました。

このページを見ている人におすすめの商品

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments