Excel Hack

エクセルの全シートを一括でPDF化する方法

エクセルで全シートをPDF化したい場合は、PDF化する際にオプションを変更しましょう。

この記事では、エクセルで全シートを一括でPDF化する方法をご紹介します。

すべてのシートをPDFとしてまとめておくことで、データの管理がしやすくなります。

本記事をPDFとして無料ダウンロード

PDF

本記事をPDFで無料ダウンロードいただけます。

タブレットでPDFを再生したり紙に印刷することで、いつでも記事の内容を確認できます。

エクセルの全シートを一括でPDF化する方法

ここでは、簡単に全シートを一括でPDF化する方法として「シートを選択してPDF化する」「ブック全体を指定してPDF化する」方法をご紹介します。

シートを選択してPDF化する

すべてのシートを選択し、PDF化する方法をご紹介します。

Shiftを押しながらシートを選択する

Shiftを押しながら、最後のシートを選択します。

Shiftを押しながら選択すると、現在のシートから選択したシートまで一括で選択できます。

ファイルタブを選択する

全シートが選択されている状態で、ファイルタブを選択します。

エクスポートからPDFに変換する

エクスポート、PDF/XPS ドキュメントの作成の順に選択し、PDF/XPSの作成ボタンを押します。

PDFを保存する

「PDF または XPS 形式で発行」ダイアログボックスが表示されます。

PDFの保存先(例:ダウンロード)を選択し、ファイル名(例:データ1)を入力し、発行ボタンを押します。

PDFを選択する

全シートをPDF化できたか確認してみましょう。

エクスプローラー、保存先(例:ダウンロード)、PDF(例:データ1)の順に選択します。

PDFのプレビューが表示される

PDFが表示されます。これで全シートを一括でPDF化することができました。

ブック全体を指定してPDF化する

ブック全体を選択すると全シートPDF化できる

エクセルで全シートを一括でPDF化したい場合は、PDF化する際にオプションから「ブック全体」を選択すると良いでしょう。

エクセルでいうブックとは、1枚以上のシートをまとめたもののことを言います。

ブック全体をPDFの発行対象にすることで、すべてのシートを一括でPDFに変換することができます。

以下の記事では、エクセルでブック全体をPDF化する方法をご紹介しています。

エクセルのブック全体をPDF化する方法

VBAで全シートをPDF化する

ここでは、エクセルのVBAを使って全シートを一括でPDF化する方法をご紹介します。

VBAというと何やら難しそうに聞こえますが、以下でご紹介するコードをコピー&ペーストするだけの簡単な作業で、PDF変換を自動化することができます。

開発タブを表示する
開発タブ

VBAを使用するには、エクセルの初期設定では表示されていない「開発」タブを表示させる必要があります。

開発タブを表示させる方法については、以下の通りです。

ファイルタブを選択する

ファイルタブを選択します。

オプションを選択する

オプションを選択します。

開発にチェックを入れる

「Excel のオプション」ダイアログボックスが表示されます。

リボンのユーザー設定を選択し、画面右側の「開発」にチェックを入れ、OKボタンを押します。

開発タブが表示された

開発タブが表示されました。

全シートを一括でPDF化するVBAコード

全シートを一括でPDF化するVBAコードは、以下の通りです。

Sub 全シートPDF化()

Worksheets.Select
ActiveSheet.ExportAsFixedFormat _
Type:=xlTypePDF, _
Filename:=ActiveWorkbook.Path & "\" & "まとめ1.pdf", _
OpenAfterPublish:=True

End Sub

このコードは、「全シートをまとめて1つのPDFファイルに変換する」というものです。

PDFは、現在操作しているエクセルファイルがある場所に保存されます。

コードについて詳しく知りたい場合は、以下の表をご覧ください。各項目ごとに解説しています。

項目説明
ExportAsFixedFormatエクセルのデータをPDFまたはXPS形式で出力するために使用する
Type出力形式
xlTypePDF:PDF形式で出力
Filename出力ファイルの保存先とファイル名
ActiveWorkbook.Path:操作中のエクセルファイルがある場所に保存
“まとめ1.pdf”:ファイル名
OpenAfterPublish出力後、ファイルのプレビューを表示するか
True:表示する
False:表示しない

以下「VBAで全シートをPDF化する方法」セクションでは、実際にこのコードを使用して、全シートをPDF化する方法を説明します。

VBAで全シートをPDF化する方法

エクセルのVBAを使用して、全シートを一括でPDF化する方法をご紹介します。

ファイルタブを選択する

ここで使用するコードは、「全シートをまとめて1つのPDFファイルに変換する」ものであり、PDFは現在操作しているエクセルファイルがある場所に保存されます。

そのため、まだエクセルのファイルをどこにも保存していない場合は、PDF化を行う前に以下の手順でファイルを保存しましょう。

ファイルタブを選択します。

参照を選択する

名前を付けて保存、参照の順に選択します。

PDFを保存する

「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

保存先(例:ダウンロード)を選択し、ファイル名(例:ブック1)を入力し、ファイルの種類、Excel マクロ有効ブック (*.xlsm)の順に選択します。

保存ボタンを押す

保存ボタンを押します。

Visual Basicを選択する

エクセルの編集画面に戻り、開発タブ、Visual Basicの順に選択します。

標準モジュールを選択する

「Microsoft Visual Basic for Applications」が起動します。

挿入タブ、標準モジュールの順に選択します。

コードをペーストする

本記事の「全シートを一括でPDF化するVBAコード」セクションにあるVBAコードをコピーし、モジュール内にペーストします。

マクロを実行する

Sub/ユーザー フォームの実行を選択します。

プレビューが表示される

今回は、OpenAfterPublish(ファイルのプレビューを表示するか)をTrue(表示する)に指定したため、PDFのプレビューがすぐに表示されます。

全シートがまとめて1つのPDFに変換されていますので、ご確認ください。

PDFが保存されている

PDFがちゃんと保存されているかも確認しておきましょう。

エクスプローラー、エクセルのファイルの保存先(例:ダウンロード)の順に選択すると、先ほど保存したファイルと同じ場所に自動でPDFが保存されていることを確認できます。

このページを見ている人におすすめの商品

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments