Excel Hack

エクセルで別シートのプルダウンと連動させる方法

この記事では、エクセルで別シートのプルダウンと連動させる方法をご紹介します。

別のシートに選択肢を入力してプルダウンと連動させることで、後から選択肢を追加したい場合等に作業しやすくなります。

またプルダウンと選択肢リストを同じシート内に作成してしまうと、シートの編集で選択肢リストが崩れる可能性がありますので、以下の方法を使って別のシートの選択肢リストと連動させておくのがおすすめです。

本記事をPDFとして無料ダウンロード

PDF

本記事をPDFで無料ダウンロードいただけます。

タブレットでPDFを再生したり紙に印刷することで、いつでも記事の内容を確認できます。

エクセルで別シートのプルダウンと連動させる方法

プルダウンと選択肢のリストを別々のシートに設定して連動させる方法をご紹介します。

作業時間:1分

別シートに選択肢のリストを作成する

別シートに選択肢のリストを作成する

まずは別のシートに選択肢のリストを作成します。シートを新規作成し、分かりやすいシート名(例:リスト)を入力しておきましょう。今回はA列に「○」「×」「保留」という3つの選択肢を作成しました。

データの入力規則を選択する

データの入力規則を選択する

プルダウンを設定した表があるシートに戻ります。プルダウンを設定したいセル(例:I3セルからI8セル)、データタブ、「データの入力規則」の順に選択します。

リストを選択する

リストを選択する

「データの入力規則」ダイアログボックスが表示されます。「入力値の種類」でリストを選択し、「元の値」の↑ボタンを押します。

別のシートを選択する

別のシートを選択する

すると、選択肢を設定できるダイアログボックスが表示されます。先ほど作成したシート(例:リスト)を選択します。

セルの範囲選択を行う

セルの範囲選択を行う

選択肢リスト(例:A2セルからA4セル)を範囲選択してEnterを押します。

OKボタンを押す

OKボタンを押す

「データの入力規則」ダイアログボックスに戻ります。OKボタンを押します。

別のシートと連動したプルダウンが作成できる

別のシートと連動したプルダウンが作成できる

これで別のシートの選択肢と連動したプルダウンが作成できました。プルダウンを設定したセルの右端にある三角のボタンを押して選択肢が表示されれば、問題なく別シートとの連動ができています。

このページを見ている人におすすめの商品

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments