Excel Hack

エクセルで縦書きと横書きを混在させる方法

1つのセル内で縦書きと横書きの文字を混在させる設定はありません。別の方法を使って縦方向と横方向の文字列を作成する必要があります。

この記事では、Excelで縦方向と横方向が混在した文字列を作成する2つの方法について紹介します。

エクセルで縦書きと横書きを混在させる方法

Excelでは、同じセル内に縦書きと横書きの文字列を混在させる設定方法はございません。

混在した状態

ただし、横書きの文字列の途中で改行することで、縦並びの文字と横並びの文字を混在させることができます。

テキストボックスでの表示

横書きのテキストボックスでも同じように縦並びと横並びの文字を混合させることは可能です。

上記2点の設定方法について、詳細を知りたい場合は以下をご参照ください。

セル内で改行を行う

セル内の文字列を改行して縦並びと横並びの文字を混在させる方法については、以下を参照してください。

作業時間:1分

セルを選択する

セルを選択する

横書きの文字列を含むセル(A4)を選択します。F2を押し、A4セルを編集モードにします。

改行位置にキャレットを配置する

改行位置にキャレットを配置する

1文字目と2文字目の間にキャレット(点滅する棒線)を配置します。

1文字残して改行をする

1文字残して改行をする

Alt + Enterを押すと、1文字目を残し、2文字目以降が改行されます。もう1文字分改行をしたいので、「種」と「農」の文字の間にキャレットを配置します。

2文字残して改行する

2文字残して改行する

Alt + Enterを押すと、2文字目までを残し、3文字目以降が改行されました。

縦並びと横並びの文字が混在した状態

縦並びと横並びの文字が混在した状態

Ctrl + Enterを押すと、編集モードが解除されました。縦並びと横並びの文字が混在した状態になりました。

テキストボックスを使用する

テキストボックス内の文字列を改行し、セル上に縦並びと横並びの文字を混在させて表示する方法については、以下を参照してください。

テキストボックスを選択する

挿入タブ、図、図形、テキストボックスの順に選択します。

テキストボックスの範囲を確定する

マウスポインタが十字の形に変化したことを確認し、ドラッグしてテキストボックスの範囲を決定します。

改行する位置にキャレットを配置する

テキストボックスが表示されたら、横書きのまま文字(例: 耕種農業)を入力します。

1文字目と2文字目の間にキャレット(点滅する棒線)を配置します。

改行する位置にキャレットを配置する

Enterを押すと、1文字目を残し、2文字目以降が改行されます。

もう1文字分改行をしたいので、「種」と「農」の文字の間にキャレットを配置します。

中央揃えを選択する

Enterを押すと、2文字目までを残し、3文字目以降が改行されました。

ここでは、テキストボックス内の文字列を中央揃えにします。

Ctrl + Aを押してテキストボックス内の文字列をすべて選択します。中央揃えを選択します。

テキストボックスのサイズを調整する

必要に応じて、サイズ変更ハンドルを上下左右にドラッグして、テキストボックスの大きさを調整します。

テキストボックスを移動する

セルの枠線にカーソルを合わせ、マウスポインタが上下左右の矢印に変化したことを確認します。

文字列を配置したい空白のセル(例: A4)にドラッグします。

枠線なしにする

ここでは、セルの枠線を灰色から「枠線なし」に変更します。

テキストボックスの枠線を選択した状態で右クリックし、枠線、「枠線なし」の順に選択します。

テキストボックス上に表示

テキストボックス内で、縦並びと横並びの文字が混在した状態になりました。

このページを見ている人におすすめの商品

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

Excel 最強の教科書[完全版] 【2nd Edition】

SBクリエイティブ
360ページ

\Kindle本ビジネス書キャンペーン 最大70%OFF/Amazonで価格を見る

\FLASH COUPON 最大1,500円OFFクーポン/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

コメント

この記事へのコメントをお寄せ下さい。

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments